インプラントとの比較

入れ歯もインプラントも失った歯を補う治療方法ですが、インプラントは、顎の骨に金属の土台を埋め込み、その上に被せ物をして歯を補う「外科手術」である点が一番大きな違いです。それに対して入れ歯は、歯を表面的に補うものなので手術は不要です。

「インプラント」という名称は、昨今よく知られるようになりましたが、その具体的な治療法やメリット・デメリットなどについては、まだまだ熟知されてはいないように思います。それと同時に、「近年の入れ歯の進歩」についても、残念ながら周知が遅れているように思われます。

インプラントのメリットとデメリット

インプラントインプラントは、「入れ歯に取って代わる画期的な技術」と謳われることがありますが、どのような治療方法にもメリットとデメリットの両面があります。支柱を骨に埋め込む形となるインプラントは、歯を支える力や安定感に優れていることは確かです。ただし、総入れ歯に匹敵する本数の義歯を全てインプラントで支えるとするならば、それなりに多くの本数のインプラントを埋め込む必要があります。

また、ご自身の歯を失うことになってしまった原因が重度の歯周病だった場合には、顎の骨が薄くなっていることが予想されるため、体への負担も大きくなります。さらには、インプラントにした後も、歯周病に対する適切なケアの継続が必要です。入れ歯は歯周病にはなりませんが、インプラントの場合は、歯周病に似た「インプラント周囲炎」に侵される危険があるからです。

最先端の入れ歯『シュトラックデンチャー』

シュトラックデンチャー入れ歯は、オーダーメイドで患者様に合った歯や歯茎を口の中にはめ込み使用するもののため、取り外しが可能でメンテナンスも簡単です。そういった特徴の裏面として、「外れやすい・よく噛めない・痛い」といったイメージをお持ちの方が多いと思われますが、技術の発達によって、これまでのデメリットを覆す高性能なものも登場しています。

当院でご提案している「シュトラックデンチャー」は、入れ歯先進国・ドイツの技法であり、「上下顎同時印象法」によって、本来の噛み合わせを正確に復元する総入れ歯です。お口の中の形状や動きを完全コピーして製作する入れ歯なので、ぴったり吸着して外れにくく、弾力ある食べ物、生野菜やサクッと歯ごたえのある春巻きなど、様々な食事を美味しく召し上がっていただくことができます。ズレがないので痛みや違和感もありません。

シュトラックデンチャーシュトラックデンチャー

イボカップシステムの重合でこんなに透けるほど口蓋が薄いです。 人工歯はIVOCLAR のビボデント、オーソシット、天然歯のような高い審美性と硬さを兼ね備えています。

シュトラックデンチャーは、機能性と審美性を兼ね備えています

シュトラックデンチャーすべての歯を失ってしまった方は、顎の骨が薄くなってしまうために口元が痩せてしまい、残念ながら、実年齢よりも老けてみられがちです。これを是正したくても、インプラント治療は、少しでも骨の厚みがある場所に植立するため、元々の歯の位置を再現することは難しく、内側からボリュームをだすことが難しいところです。

その反面、上下顎同時印象法によるシュトラックデンチャーを用いれば、内側から自然なボリュームをだすことができるため、口元を自由に作ることができ、若々しい表情を取り戻すことも可能です。また、入れ歯であることを忘れてしまうほど自然な見た目と使用感なので、ご高齢者だけでなく、30代、40代の方々の需要も増えています。

口元は、食事をするために重要な器官であると同時に、コミュニケーションにおいても非常に大切な意味を持ちます。今までの入れ歯に満足されていない方も、これからの治療に迷っていらっしゃる方も、ぜひ当院で、ご満足いただける治療と出会っていただきたいと思います。

さらに当院では、「活かせる歯が数本残っている」という場合には、ドイツで開発された「レジリエンツテレスコープ」という治療方法にも対応していますので、どうぞ諦めずにご相談下さい。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております お問い合わせ アクセス