30代:インプラントと総入れ歯

30代:インプラントと総入れ歯最近、若い方の入れ歯に関する相談が非常に増えてきています。特に、「インプラントと入れ歯、どちらを選ぶのが良いのか」と悩まれている方が多いように思われます。また、「インプラントは怖いけれど、30代で総入れ歯なんて恥ずかしいし...」と、義歯の審美性や機能性以前に、心理的なことで悩まれている方が多いのも、30代の方々の特徴ではないでしょうか?

若いからこそ、長い目で見て治療方法を選びましょう

インプラントと総入れ歯インプラントと入れ歯、それぞれに特徴がありますので、まずは、機能面やメリット・デメリットについても、しっかり考慮することが大切だと思います。

たとえば、奥歯を1本2本失ったぐらいでしたら、インプラントのほうが良いと思われるケースもあるでしょう。ですが、すでにたくさんの歯を失ってしまっている場合、すべてをインプラントにすることのリスクも考える必要があると思います。

インプラントの維持期間は、世界最長でも40年といわれています。30代でインプラント治療をたくさん入れたとすると、40年後、70歳のときにはどうなっているのか・・・。また、お若くして歯を失ってしまった原因が歯周病の場合には、インプラントを何十年も維持できるかどうか心配です。

なぜなら、ご自分の歯が残っていた時と同じ状態が、インプラントを入れた後にも繰り返される可能性があるからです。そうなると、「インプラント周囲炎」という、歯周病に似た病気になり、せっかくのインプラントを再び失ってしまう危険があります。

インプラントをしなくても、満足できる入れ歯が作れます

満足できる入れ歯当院では、口のまわりの筋肉を利用して入れ歯を製作する方法で、非常によい結果を得ています。それは、ドイツで開発されたシュトラックデンチャーを原型とする、「上下顎同時印象法」という方法です。

この方法は、上下を一度に型採りをして、口の周りの情報をすべてコピーする方法です。型採りの最中に唾液を飲み込んでもらうことによって、食事をするときと同じ状態を再現できます。つまり、口の周りの筋肉によって支えられる、吸着に優れた総入れ歯が作成できるのです。

また、顎の土手にぴったりとフィットする形状が、ウォーターフイルム現象(ガラス板を2枚重ねその間に水を挟むと取れなくなる仕組み)を生み出し、入れ歯が外れることを防ぎます。ですのでシュトラックデンチャーなら、人前で入れ歯が外れてしまったり、入れ歯であることを知られてしまうといった心配も不要です

機能性はもちろん、審美性も兼ね備えたシュトラックデンチャー

シュトラックデンチャーすべての歯を失ってしまった方は、顎の骨が薄くなって口元が痩せてしまい、年齢よりも老けてみられがちですが、こういった悩みの解消にも、シュトラックデンチャーが効果的です。

インプラントは、骨の厚みがある内側に植立するため、元々の歯の位置を再現することは難しく、内側からボリュームをだすことには適していません。その点、上下顎同時印象法によるシュトラックデンチャーは、内側から自然なボリュームをだすことが可能なので、自由に口元を作ることができ、若々しい表情が取り戻せます。

口元は、食事をするためにあるのではなく、コミュニケーションにおいて非常に大切な器官です。入れ歯になったことで内気になってしまったら、今後の人生を楽しめなくなってしまいますが、当院のシュトラックデンチャーは、入れ歯であることを忘れてしまうほど自然ですので、お若い方々にもぜひ知っていただき、安心してご使用いただきたいと思います。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております お問い合わせ アクセス