シュトラックデンチャーは、機能性と審美性を兼ね備えています

シュトラックデンチャーすべての歯を失ってしまった方は、顎の骨が薄くなってしまうために口元が痩せてしまい、残念ながら、実年齢よりも老けてみられがちです。これを是正したくても、インプラント治療は、少しでも骨の厚みがある場所に植立するため、元々の歯の位置を再現することは難しく、内側からボリュームをだすことが難しいところです。

その反面、上下顎同時印象法によるシュトラックデンチャーを用いれば、内側から自然なボリュームをだすことができるため、口元を自由に作ることができ、若々しい表情を取り戻すことも可能です。また、入れ歯であることを忘れてしまうほど自然な見た目と使用感なので、ご高齢者だけでなく、30代、40代の方々の需要も増えています。

口元は、食事をするために重要な器官であると同時に、コミュニケーションにおいても非常に大切な意味を持ちます。今までの入れ歯に満足されていない方も、これからの治療に迷っていらっしゃる方も、ぜひ当院で、ご満足いただける治療と出会っていただきたいと思います。

さらに当院では、「活かせる歯が数本残っている」という場合には、ドイツで開発された「レジリエンツテレスコープ」という治療方法にも対応していますので、どうぞ諦めずにご相談下さい。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております お問い合わせ アクセス