シュトラックデンチャーの特徴

シュトラックデンチャー当院では、インプラントをしなくても、口の周りの筋肉を利用して入れ歯を製作する方法で、非常によい結果を得ています。それが、ドイツで開発されたシュトラックデンチャーを原型とする「上下顎同時印象法」という方法です。

この方法は、上下の顎を一度に型採りすることによって、口の周りの情報をすべて完全コピーする方法です。型採りの最中に唾液を飲み込んでもらうことで、食事をするときと同様の口の動きを再現することができます。

顎だけでなく、口の周りの筋肉全体で支えられる総入れ歯は、特定の場所に無理な力がかかることなく安定し、さらには「ウォーターフイルム現象(ガラス板を2枚重ねその間に水を挟むと取れなくなる仕組み)」によって、全体がしっかりと吸着します。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております お問い合わせ アクセス