インプラントができない方へ

Q.
30代ですが、重度の歯周病で全ての歯を失ってしまいました。インプラントの相談をしたのですが、上顎洞部分の骨が薄いため、現状ではインプラントが難しいこと、骨を再生させるには時間がかかるということを伝えられました。私のような場合、インプラントと入れ歯、どちらがよいのでしょうか?

A.
インプラントは、歯を失った部分に人工歯根を埋入させて骨と結合させる方法です。そのため、骨が薄かったり、もろかったりすると、埋入したインプラントを支えきれずに脱落を起こしたり、インプラントと骨が結合しない可能性も高いため、適さない場合があります。

歯周病や虫歯によって歯を失ってしまった部位は、骨が薄かったり、もろかったりすることが珍しくありません。特に、上顎の奥歯付近の骨には上顎洞という空洞があるため、インプラントは難しいといわれています。骨が薄い部分にインプラントを行うには、相当高い技術が必要なことも認識しておくことをお勧めします。

また、時間をかけて骨を再生し、インプラントが成功したとしても、これからの長い一生の間、お口の中で機能させ続けることは難しく、将来、どこかの段階で総入れ歯に移行する可能性も高いかと思われます。30代、40代といった若さで重度歯周病になられた方の場合、天然歯で起きたことがインプラント治療後にも繰り返されることが多いので、今まで以上のメンテナンスが必要になるからです。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております お問い合わせ アクセス