上下顎同時印象法とは

上下顎同時印象法

上の顎と下の顎は一対となって「ひとつの顎」を形成しています。なので、上下を別々に型採りしたものを感覚で組み合わせるのではなく、『上下セットで型採りし、噛み合わせを含めたお口の中の情報を精密に取り出すことによって、噛み合わせの良い、お口に合う義歯を実現する』というのが、「上下顎同時印象法」の基本となる考え方です。

しかし今現在は、入れ歯の名人といわれている著名な先生方においても、上顎と下顎を別々に、口を開けた状態で型採りするのが一般的です。上下別々に採った型の噛み合わせを歯科医師が感覚で決定し、それを基準に技工士が人工歯を並べ合わせているのが現状です。

つまり、上下の入れ歯が上手く噛み合わず、「どこかしっくりしない...」という結果を生じさせてしまう理由は、このような型採り方法にあるのです。上下セットで型採りをする「上下顎同時印象法」なら、このようなズレが生じる心配がなく、患者様のお口にぴったりフィットする入れ歯が実現します。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております お問い合わせ アクセス