他の重合方法との違い

現行の保険義歯の製作で用いられるのは、上下に分かれるフラスコにロウ義歯を埋没したのち、そこにレジンを詰めて熱湯で重合させるという簡単な方法です。

レジンはもともと、熱を掛けると必ず収縮します。そのため、フラスコの中でレジンは重合収縮を起こし、床の中で気泡となって残ってしまったり、変形の原因になります。そしてそういったことが、保険の入れ歯を長く使用すると気泡の中へ色素が沈着したり、臭いの原因となったり、破折しやすくなったりすることの要因なのです。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております お問い合わせ アクセス