重合方法

重合方法

総入れ歯を装着して維持させる「土台」は、「顎の土手」のみです。
その状態で総入れ歯を維持させるには、粘膜と入れ歯がピッタリと密着する重合方法の精度が求められます。
それを実現したのが、イボカップシステムです。
現在、世界中で最も精度の高い重合方法と言われています。

重合方法イボカップシステムにより、ウォーターフイルム現象  (ガラス板を2枚重ね、その間に水を挟むと取れなくなる仕組み)を作り出し、入れ歯と顎の歯肉の間に全く隙間が生じないよう、完全な同一精度で作成することができるようになりました。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております お問い合わせ アクセス