コンセプト

コンセプトDr.シュトラックによる総入れ歯の理論
1949年、ドイツチュービンゲン大学のDr.Reiner Strackは、「入れ歯の安定」について、これまでのギージーによる歯槽頂間線法則を否定し、「口の周りの筋肉を利用することによる安定」を求めました。
口の周りの筋肉、唇、舌の均衡が取れるところで、もと歯があったところに歯を並べ、入れ歯を安定させる方法を開発し、さらに顎関節に調和した人工歯を開発、特許を取得しました。
現在使われているオルソシット人工歯です。
最初は陶器で有名なフュッチェンロイター社の陶歯でした。

Dr.シュトラックは、今日世界中で広まっている総入れ歯の源流となります。

シュトラックデンチャーのコンセプトは、「義歯が顆頭(顎関節)を誘導し、すり減ってしまった顎関節のリモデリング(骨を作ること)をする」ということ。つまり、「入れ歯が顎の関節を守る」のです。

特に高齢者の額関節の骨は、本来突起しているべき部分(顆頭)が平坦にすり減っていることが多く、それに人工歯を合わせると、真っ平らな平坦な形になってしまいます。シュトラックデンチャーなら、そういった状況を改善し、歯があったときの口腔内の状態を再現することが可能です。

コンセプトコンセプトコンセプト

患者様の条件に応じて歯を並べられる人工歯

コンセプトシュトラックデンチャーの人工歯には、1953年、チュービンゲン大学歯学部にてDr.Strackがデザインしたオルソタイプを使用しています。Dr.Strackは、長年に渡る「下顎の運動の研究」によって、最大の咀嚼機能を発揮できる咬合面システムを開発しました。その咬合面は、4面のピラミッドで構成される幾何学的な形態になっています。

コンセプトこの幾何学的な咬合面形態の人工歯は、患者様の条件に応じて歯を配置できるよう、理論的に設計されています。また、素材は、最初は陶器で有名なフュッチェンロイター社製でしたが、30年前からは、リヒテンシュタインのIvoclar社による、イソシットを使用したコンポジットの人工歯を使用しています。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております お問い合わせ アクセス