患者様の条件に応じて歯を並べられる人工歯

コンセプトシュトラックデンチャーの人工歯には、1953年、チュービンゲン大学歯学部にてDr.Strackがデザインしたオルソタイプを使用しています。Dr.Strackは、長年に渡る「下顎の運動の研究」によって、最大の咀嚼機能を発揮できる咬合面システムを開発しました。その咬合面は、4面のピラミッドで構成される幾何学的な形態になっています。

コンセプトこの幾何学的な咬合面形態の人工歯は、患者様の条件に応じて歯を配置できるよう、理論的に設計されています。また、素材は、最初は陶器で有名なフュッチェンロイター社製でしたが、30年前からは、リヒテンシュタインのIvoclar社による、イソシットを使用したコンポジットの人工歯を使用しています。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております お問い合わせ アクセス