木床義歯(木製の入れ歯)

木床義歯日本の総義歯の技術は実は非常に古く、1583年に作られています。当時としては長寿の74歳で往生した紀伊・和歌山の願成寺の草創者・仏姫の拓殖の木から作った木床義歯です。当時は現在のように優れた印象材や模型材もなく、咬合器もない時代に、適合性に優れ、噛める義歯を作ることができたものであると、感心してしまいます。

当時の義歯の製作方法を調べてみると、非常に合理的であり、仏教芸術の伝統を受け継いでいることがうかがえます。その製作法の鍵は、蜜蠟を使った印象採得と咬合採得を同時に行うことです。

木床義歯木床義歯

これは蜜蠟を鍋で温め、それを一塊として患者様の口腔内に入れ、咬合位を決定した後に口腔内の形を採得するというものです。一塊にしたものを上下顎に分けたのであるから、正確な咬合位の再現が可能になるのは当然です。

木床義歯Dr.シュライヒは、「最初に上下顎同時印象を行ったのは歯科医学の始祖と言われるPhilio Puffである」と伝えていました。そこで、稲葉先生は、実は日本では400年前に木床義歯の印象に蜜蝋による印象が行われていたことを教えてあげたそうです。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております お問い合わせ アクセス