Dr.シュライヒからオリジナルを受け継いでいます

Dr.シュライヒ当院顧問の稲葉繁先生は、1978年ドイツ、チュービンゲン大学の客員教授として留学をしていた際に、IVOCLAR社主催の総入れ歯のセミナーを受講しました。その時の補綴研修部長が、Dr.シュライヒです。

そこでは、日本の歯科医療教育による総入れ歯とは、全く違う方法で行われていて、大変な衝撃を受けたといいます。それから間もなく、稲葉先生は、ガンタイプのシリコン印象材が開発されたのを機に、「最終印象を上下顎同時印象で採る方法」を開発、発表しました。

そういった繋がりから、Dr.シュライヒは引退する際、すべての資料やスライドを稲葉先生に託しました。そこには、シュトラックデンチャーを絶やさないでほしい、世界中に広めてほしいという願いが込められているのです。

日本で「総義歯の大家」といわれている方々は、少なからずDr.シュライヒの影響を受けています。しかし、「オリジナルを学ぶこと」は何よりも大切だと思います。日々進化し続けている歯科医療ですが、新しい技術であるかのように発表されたことは、実はすでに、何十年も前に行われていることだったりもします。オリジナルを知っていれば、そういった情報に惑わされることがないのです。

〜Dr.シュライヒの経歴〜
・1926年ドイツミュンヘンで生まれ、父親はワイン作りのマイスター
・ミュンヘンで歯科技工士の資格を取得し、その後矯正学を勉強ドクターの資格をとる
・リヒテンシュタインのイボクラー社で補綴研修部長となり、イボクラーデンチャーシステムを完成させる
・その後イボクラーデンチャーシステムを広めるため世界各地で講演
・ブラジル、サンパウロ大学から名誉博士の称号を受ける
・1994年イボクラー社を退職

▼Dr.シュライヒ功績についてはこちら▼
http://www.ireba-inaba.jp/diaryblog/2016/03/dr.html

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております お問い合わせ アクセス