症例1:デンチャースペース配慮不足の症例

入れ歯が外れやすいという方の入れ歯を見てみると、基本的な形が守られていないことが多くあります。例えば、入れ歯が小さすぎると、口の周りの筋肉に皺がよったり、筋肉に張りがなく、頬がこけてみえます。

症例1の患者様は、入れ歯が小さすぎることにより、口元が痩せて見え、口の周りの筋や唇のサポートが得られていません。実際に小さな入れ歯の周りに、印象材を流してみると、実際のデンチャースペースよりこんなにも小さな入れ歯だったことがわかりました。

保険義歯との違い保険義歯との違い

上下顎同時に型採りを行い、総入れ歯を新しく作ったものがこちらです。口元が若返り、顔全体と調和していることがわかります。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております お問い合わせ アクセス