Q.インプラントを抜いて総入れ歯に変更は可能でしょうか?

Q
インプラントの手術後、痛みがとれずに6ヶ月以上苦しんでます。現在は仮の歯の状態ですが、痛みがひどく、食事もほとんど食べられません。この状況を、自分でもいろいろ調べてみたところ、たぶん、インプラント周囲炎ではないかと思っています。
歯科医院に掛け合ってみても、しばらく様子を見ましょうということで、半年が過ぎました。このままの状態では、いくら待っても噛めるようになるとは思えず、インプラントを抜いて総入れ歯にすることを検討するようになりました。
総入れ歯と聞くと落ち込みますが、インプラントを抜いて、総入れ歯にする方はいらっしゃるのでしょうか?

A
痛みが6ヶ月もの間続いているということは、やはりインプラント周囲炎が疑われると思います。当院でも、同様の相談を受けることがよくあります。インプラント治療をした先生から、再手術をしましょうと提案されても、同じことを繰り返すのならば、もうインプラントはしたくないと思われるようです。
インプラントを抜いて総入れ歯を作ることは、もちろん可能です。その際、インプラントを抜くと同時に仮の入れ歯を入れて、傷口が治るまで使っていただきます。仮の入れ歯によって入れ歯に慣れていただくこともできますし、最終的な入れ歯の精度がだせるよう、イメージングも行えます。
入れ歯に対しては、すぐに口の中から飛び出しそうとか、入れ歯洗浄液に毎晩つけておかなければいけない...といった、古いイメージをお持ちの方がとても多いと思います。ですが、上下顎を同時に型採りして製作したシュトラックデンチャーは、そういった古いイメージを払拭できる逸品です。
口の中から入れ歯が飛び出すなどということは、よほど合っていないか、そうとうに小さな入れ歯でなければ考えられません。さらには、シュトラックデンチャーは、口腔内の形状を完全にコピーして製作するので、まず、そのようなことはありません。
また、シュトラックデンチャーは汚れがつきにくい材料のため、洗浄剤に毎晩つけておく必要はなく、夜は毎日、装着したままお休みいただけます。万が一汚れが気になる場合には、週に一度、一時間ほど洗浄液に付ける程度で大丈夫です。

入れ歯にまつわる質問に戻る

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております お問い合わせ アクセス