Q.顎の骨が薄いと、インプラントは無理ですか?

Q
歯周病により、上の歯をすべて失ってしまいました。全身性エリテマトーデスとも診断されています。
インプラントを考えておりましたが、以前、「顎の骨が薄いのでインプラントは無理」と言われました。やはり、インプラントはできないのでしょうか?

A
インプラント手術ができないケースには、「コントロールできていない糖尿病」「高血圧」「重度の歯周病」「喫煙者」「骨粗しょう症、くる病」といった疾病の他、全身疾患のある方、関節リウマチや全身性エリテマトーデスといった自己免疫疾患もあげられます。また、骨が薄く、もろくなっている方の場合も、インプラント手術は難しいといわれています。
ご相談者のケースも、無理は禁物だと思われます。また、たとえ現時点ではインプラントが可能な状態だったとしても、10年後、20年後までインプラントの機能を維持できるかどうかを予測する必要があるでしょう。
何故なら、天然歯で起きたこと(重度歯周病)を、インプラント治療の後にも繰り返す可能性があるからです。インプラントも、ケアが行き届かなければ、「インプラント周囲炎」という歯周病と同様の疾患を引き起こします。そして、全身性エリテマトーデスなどの既往がある方は、インプラント周囲炎などを発症した場合、炎症が引かず、インプラントを除去しなければならなくなる場合もあります。

インプラントのようにリスクが高い方法を選択しなくても、お悩みを解決する方法はあります。それは、ドイツで開発された「シュトラックデンチャー」です。審美的に美しいのはもちろんのことですが、偉人達が作り上げた歴史ある総入れ歯は、機能的にも大変優れています。
当院の総入れ歯は、ドイツチュービンゲン大学のシュトラックデンチャーを原型としています。その手法は、稲葉先生が開発した『上下顎同時印象法』によるもので、その名の通り「上下を同時に印象する方法」です。簡単に言うと、口の中の情報を丸ごとコピーして咬合器にトランスファー(移行)するという、非常に画期的なシステムです。
方式は画期的ですが、その根底にある歴史は非常に長く、スイス、ドイツ、オーストリア、リヒテンシュタインといったヨーロッパの「総入れ歯の源流」を引き継いでいます。

当院顧問である稲葉繁先生は、1978年にドイツのイボクラーで開催された「イボクラー社デンチャーシステムの研修」を受講し、Dr.Hans Shleich と知遇を得、現在の最終印象における上下顎同時印象の開発に至りました。
その源流にある「イボクラーのデンチャーシステム」は、ヨーロッパの多くの学者の業績をまとめあげて完成されたシステムですので、上下顎同時印象法によるシュトラックデンチャーは、大変歴史のある総入れ歯であり、なおかつ、最新最鋭の総入れ歯です。

骨の薄さや全身疾患などによってインプラントができない方も、どうぞご安心下さい。総入れ歯とはいえ、審美的に美しく、機能的にも優れたシュトラックデンチャーなら、きっと満足していただけると思います。

入れ歯にまつわる質問に戻る

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております お問い合わせ アクセス