【ドイツの入れ歯】レジリエンツテレスコープとの違い

最近、ご相談にみえる患者様の中には、「他院でAll on 4を提案されたが、入れ歯も見直してみたい」とおっしゃる方が非常に増えたように感じます。All on 4を行うとしたら、「残っている歯が抜けるのを待ってから-」になるか、もしくは、「抜かなくても良い歯を抜いて-」ということになるため、迷われるのも当然かと思います。

また、「残歯の本数が少ないから、歯が抜けて総入れ歯になるのを待つしかない」 「歯がグラグラだから、抜いて総入れ歯にしたほうがいい」と言われ、ショックを受けているという方も相談に来られます。そこで当院では、シュトラックデンチャーという総入れ歯のほかに、もう一つの選択肢として「レジリエンツテレスコープ」をご提案させていただいています。

レジリエンツテレスコープとは
レジリエンツテレスコープは、残っている自身の歯を抜かずに利用できる治療方法です。ドイツのチュービンゲン大学で開発された審美性・機能性ともに優れた技術で、その歴史は130年以上にもなる、世界で長く信頼されている治療方法です。

レジリエンツテレスコープレジリエンツテレスコープ

ご自分の歯を利用して入れ歯を支える方法なので、基本的には外科治療の必要がありません。また、顎の骨量が減少しているケースでも治療が可能で、歯周病の悪化などによって万が一自歯を失うことがあっても、簡単な修理で対応できる点も安心です。

詳しくはこちら(稲葉歯科医院 入れ歯専門サイト)

【ドイツの入れ歯】シュトラックデンチャーの特徴とメリット
残念なことではありますが、歯を失ってしまったからこそ可能になることもあります。それは、口元を自由に作れることです。歯を失うと、噛むときの刺激が伝わらなくなるために骨が吸収されていき、口元がへこみ、実年齢よりも老けて見られることがあります。シュトラックデンチャーは、口元に自然なボリュームをだすことによって、ほうれい線を目立たなくすることができます。

シュトラックデンチャーシュトラックデンチャー

義歯の大きさも、顔の大きさや鼻の膨らみなどから、個々の患者様に一番似合う大きさを測定します。また、「笑ったときや話をしたときに唇から覗く歯の長さ」なども自由に設定することができるため、審美性に優れ、自然で上品な笑顔を作ることができます。

シュトラックデンチャーは、夜寝るときも取り外す必要がありません。外す必要があるのは、歯磨きをするときだけです。歯を磨いた後は義歯を清掃し、装着したままお休みいただけますので、たとえ、ご家族であっても、歯が無い状態を見せたくない...と思われる方にも安心してご使用いただけます。

◎インプラントとのコンビネーションケースにも対応しています
失った歯を補う方法はいろいろありますが、当院では、総入れ歯には「シュトラックデンチャー」を、そして、数本でも歯が残っている場合には「レジリエンツテレスコープ」をお勧めしています。また、インプラントを2本使うことで入れ歯の維持力を更に高めることが可能なので、インプラントとのコンビネーション治療も行っています。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております お問い合わせ アクセス