顎の骨が薄いのでインプラントは無理?

インプラントは無理

インプラント手術ができないケースには、「コントロールできていない糖尿病」「高血圧」「重度の歯周病」「喫煙者」「骨粗しょう症、くる病」といった疾病の他、全身疾患のある方、関節リウマチや全身性エリテマトーデスといった自己免疫疾患もあげられます。

また、骨が薄く、もろくなっている方の場合も、インプラント手術は難しいといわれています。勿論、無理は禁物だと思われます。また、たとえ現時点ではインプラントが可能な状態だったとしても、10年後、20年後までインプラントの機能を維持できるかどうかを予測する必要があるでしょう。何故なら、天然歯で起きたこと(重度歯周病)を、インプラント治療の後にも繰り返す可能性があるからです。インプラントも、ケアが行き届かなければ、「インプラント周囲炎」という歯周病と同様の疾患を引き起こします。そして、全身性エリテマトーデスなどの既往がある方は、インプラント周囲炎などを発症した場合、炎症が引かず、インプラントを除去しなければならなくなる場合もあるのです。

インプラントは、歯の失った部分に人工歯根を埋入させ骨と結合させる方法です。

歯周病や虫歯によって歯を失ってしまった部位は、骨が薄かったりもろかったりすることが多く、インプラントを埋入しても脱落や結合しない可能性が高いため適さない場合があります。
特に、上顎の奥歯付近の骨は上顎洞という骨の空洞があるため、インプラントは難しいと言われています。
骨を再生し仮にインプラントが成功したとしても、一生お口の中で機能することは難しく、将来どこかの段階で総入れ歯に移行すると思います。

骨が薄い部分にインプラントを行うには相当高い技術が必要なのです。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております お問い合わせ アクセス