重合方法

重合方法

総入れ歯を装着して維持させる「土台」は、「顎の土手」のみです。
その状態で総入れ歯を維持させるには、粘膜と入れ歯がピッタリと密着する重合方法の精度が求められます。
それを実現したのが、イボカップシステムです。
現在、世界中で最も精度の高い重合方法と言われています。

重合方法イボカップシステムにより、ウォーターフイルム現象  (ガラス板を2枚重ね、その間に水を挟むと取れなくなる仕組み)を作り出し、入れ歯と顎の歯肉の間に全く隙間が生じないよう、完全な同一精度で作成することができるようになりました。

イボカップシステムと保険の入れ歯の重合方法の違い

イボカップシステム保険で製作する総入れ歯は、あまり時間もかけることなく最も簡単な製作法で作られています。

その製作法は、上下に分かれるフラスコに蝋義歯を埋没したのち、そこにレジンを詰めて熱湯で重合させるという簡単な方法です。

レジンは元々熱を掛けると必ず収縮します。そのため、フラスコの中でレジンは重合収縮を起こし、床の中で気泡となって残ってしまったり、変形の原因になったりします。
保険の入れ歯を長く使用すると気泡の中へ色素が沈着したり、臭いの原因となったり、破折しやすくなってしまったりするのはこのことが要因となるからなのです。

このような原因から、その弱点を補填することが出来る方法が考えられました。それが『イボカップシステム』です。イボカップシステムは、3トンの圧力に耐えるフラスコと6気圧の圧力でレジンを補うことが出来る方法で、重合収縮を補正しながら精度の良い総入れ歯を作ることが可能な方法です。

イボカップシステムで製作された総入れ歯は強度が高く、透明感にも優れ、重合精度が高く、長い使用にも変質しない優れた方法です。イボカップシステムにおける重合方法は、大変な手間がかかり、その道具を揃えるために初期投資もかかります。製作単価もかかるため、現行の保険制度では経済的な損失が大きいため保険では困難であると思います。

イボカップシステムの重合は、透けるほど口蓋が薄いです。
人工歯はIVOCLAR のビボデント、オーソシット、天然歯のような高い審美性と硬さを兼ね備えています。

他の重合方法との違い

現行の保険義歯の製作で用いられるのは、上下に分かれるフラスコにロウ義歯を埋没したのち、そこにレジンを詰めて熱湯で重合させるという簡単な方法です。

レジンはもともと、熱を掛けると必ず収縮します。そのため、フラスコの中でレジンは重合収縮を起こし、床の中で気泡となって残ってしまったり、変形の原因になります。そしてそういったことが、保険の入れ歯を長く使用すると気泡の中へ色素が沈着したり、臭いの原因となったり、破折しやすくなったりすることの要因なのです。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております お問い合わせ アクセス