保険の入れ歯と上下顎同時印象法による入れ歯の違い

保険義歯との違い保険診療の範囲内で作る総入れ歯と、自費治療による上下顎同時印象法で作る入れ歯には、大きな違いがあります。当然、材料や手間をかけると保険診療の範囲では、完璧な入れ歯は作れません。

知識と技術の違い

知識と技術の違い一番大きな違いは、入れ歯を専門に勉強してきた歯科医師と製作する技工士の「知識と技術の違い」だと思います。現在の保険制度で製作できる総入れ歯は、低医療費であるために流れ作業のように製作され、残念ながら精度が低く、そこには技術の進歩も見られません。

長い歴史を持つドイツの入れ歯の技術を学ぶために、私達歯科医師や技工士は、多くの専門的な知識を身につけてきました。そして患者様に、当院の入れ歯をできる限り長く使っていただけるよう、あらゆる視点を考慮して設計するのです。

患者様の歯の状態は、みんな一緒ではありません。骨の状態、神経があるかないか、残っている歯の本数、位置など、すべてにおいて異なっています。しかし保険治療では、決められたルールの中でしか設計することができないため、決してベストな設計ではないことを知っていただきたいと思います。

定期的にISOI国際インプラント学会にも出席し、インプラント治療についても学んでいます。ドイツで開発されたテレスコープシステム、そしてシュトラックデンチャーの素晴らしさなどを踏まえ、あらゆる角度から患者様にとってベストな方法を選択しています。

材料の違い・製作に費やす時間の違い

材料の違いそしてもちろん、使用できる材質にも大きな差があります。保険の総入れ歯は、柔らかいレジンで作られているため、食べ物やコーヒー、タバコの汚れを吸い、樹脂内部にまで汚れや臭いが染み込み、口臭の原因になることがあります。

また、保険で製作される人工歯は既製のプラスチック製で、天然歯のような固さや溝がないため、歯ぎしりすることが難しく、見た目にも入れ歯だ分かりやすいものになってしまいます。

保険義歯の場合、上下の型を別々に採ったものを、保険義歯専門の技工所に送ります。技工士は患者様の姿を見ることなく、材料もなるべくリーズナブルなもので製作します。この流れでは、口の筋肉の状態や歯肉の形状などは一切考慮されないため、吸着力が弱く、外れやすい入れ歯であることが多いのです。

現在、保険の入れ歯の製作法は指定されていません。しかし、義歯の難しさとは関係なく、現行の保険の義歯の点数は大変低く設定されており、あまり時間もかけることなく、最も簡単な製作法で作られています。その製作法は、上下に分かれるフラスコにロウ義歯を埋没したのち、そこにレジンを詰めて熱湯で重合させるという簡単な方法です。

レジンは元々熱を掛けると必ず収縮します。そのため、フラスコの中でレジンは重合収縮を起こし、床の中で気泡となって残ってしまったり、変形の原因になります。こういったことにより、保険の入れ歯は精度も劣り、長く使用すると気泡の中へ色素が沈着したり、臭いの原因となったり、破折しやすくなってしまいます。

当院の入れ歯には、材質、製作共にこだわりがあります

当院の自費による入れ歯では、材質、製作共にこだわりをもって作っています。保険治療とは異なる制度の高い技術を用いると共に、患者様にとって最適な材料をご提案します。

精度の高いイボカップシステムイボカップシステム
レジンが重合収縮を起こすと、床の中で気泡となって残ってしまったり、変形の原因になる...こういった弱点を補填するための方法として考え出されたのが『イボカップシステム』です。イボカップシステムは、重合中にレジンに圧力をかけることにより、収縮を補正しながら精度の良い入れ歯を作ることが可能な方法です。

イボカップシステムで製作された入れ歯は強度が強く、それでいて、透けるほど口蓋が薄く仕上がります。また、重合精度が高いため、長期間使用しても変質しない優れた方法です。

ただし、イボカップシステムには、専用のイクイップメント-すなわち、容器に入った専用のレジンと、それを同化する練和器、3トンの重合圧に耐えるフラスコとクランプ等が必要になります。このように、初期投資が必要で製作単価もかかるため、現行の保険制度では取り入れることが困難であると思います。

人工歯は天然歯に近いリヒテシュタインイボクラー社製リヒテシュタインイボクラー社製
人工歯には、リヒテシュタインイボクラー社のものを使用。IVOCLAR のビボデントやオーソシット同様、天然歯のような高い審美性と硬さを兼ね備えています。さらには、豊富なカラーバリエーションから色を選択でき、歯の溝もしっかりついているので、食べ物をすりつぶしたり、歯ぎしりしたりすることも可能です。

院内に技工士がいるため細かな微調整にも素早く対応院内技工士
当院では、院内に併設された自費専門の技工所で医師と技工士が協力して、患者様にピッタリの入れ歯を作っていきます。院内に技工士がいるので細かな微調整にも素早く対応。笑ったり、歌を歌ったりと、人前でも自信を持って大きな口を開けられるほど、筋肉が入れ歯を支えて吸着します。そのため、他人に入れ歯と気づかれることも少なく、発音もきれいにできるようになります。

写真で見る保険診療の入れ歯と上下顎同時印象法の入れ歯の比較

小さい方は保険で製作した入れ歯。大きい方は上下顎同時印象法で製作した入れ歯です。

保険義歯との違い保険義歯との違い

これらは一見、全く別人の入れ歯のように見えますが、同じ人の入れ歯です。製作方法の違いによってこれだけ変わってしまいます。

上下顎同時印象法によって製作する総入れ歯は、お口の中すべての情報を記録し、再現できますが、保険の入れ歯では粘膜部分だけを型採りするため、このような小さい入れ歯になりがちです。これでは、お口の中で入れ歯が動いてしまいますし、飲み込んでしまう危険もあります。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております お問い合わせ アクセス