若い人にはインプラントが適しているとは限らない?!入れ歯をお勧めする理由

入れ歯をお勧めする理由ご相談内容として多いのは「インプラントと入れ歯、どちらを選べばいいか?」というお悩みや、「若いのに歯をなくしてショック」「30代で総入れ歯なんてどうしたらいいの」など、心理的なお悩みも目立ちます。

一般に若い方にはインプラント、高齢の方は入れ歯と言われます。しかし、奥歯を1〜2本失った場合はインプラントがよいかもしれませんが、すでにたくさんの歯を失ってしまっている場合、すべてをインプラントにすることのリスクは大きいと考えられます。

お口の中の状態が悪いと、インプラント歯周炎になることも
インプラントの維持期間は、最長でも40年と言われています。30代でインプラントを多数埋入すると40年後、お口の中はどうなっているでしょうか。特に歯を失った原因が歯周病の場合には、お口の中の状態が悪い場合が多く、インプラントを何十年も維持できない可能性が高まります。歯周病の場合は、骨の厚みが薄くなり、多数のインプラントを埋入すると骨に負担がかかると予想されるのです。

またインプラント埋入後、忙しくてお手入れが行き届かなかったり、口腔内の状態が悪くなったりすると「インプラント周囲炎」という歯周病に似た病気になり、せっかくのインプラントを維持できない危険性もあります。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております お問い合わせ アクセス