Q.重度歯周病で歯が抜けた場所にインプラントはできますか?

Q
私はまだ40代ですが、重度の歯周病と診断されました。上の歯は数本残っているのでブリッジがかけてありますが、負担が大きいため、近い将来は総入れ歯になるといわれています。
総入れ歯になることに抵抗があります。歯周病で抜けた場所に、インプラントはできないのでしょうか?

A
数本の歯にブリッジをかけてあるということは、おっしゃる通り、かなり負担がかかっていると思います。ブリッジを入れた当初はしっかりとしていたとしても、ブリッジが少しでも揺れはじめると、抜け落ちてしまうのは早いと思います。
当院にも、そのような不安定な状態で相談に見える方がいらっしゃいます。抜けてしまう前に、まずはどのような治療方法があるのかご説明させていただき、歯が抜けてしまう前にあらかじめ準備をしておくことが大切です。

総入れ歯と聞くとイメージが悪いかもしれませんが、割り切ることが必要です。人前で取り外しをするものではありませんし、ご自分の体の一部だと思っていただきたいと思います。
ドイツでは、事故や病気で失った目や鼻、耳を復元する技術としてエピテーゼ(顎顔面補綴)が大変進んでいます。歯も、「復元が必要な大切な器官」であることは同じです。歯周病などで残念ながら歯を失ってしまった方に、ご自分の一部として使っていただくのが、当院のシュトラックデンチャーと呼ばれる総入れ歯です。
「歯周病で抜けた場所に、インプラントはできないのでしょうか」という点に関しては、結論からお伝えすると、可能です。もちろん、健康な顎骨と比較すると骨の量が薄くて条件はあまりよくありませんが、ドイツでは、少ない本数のインプラントを植立して、取り外しができるテレスコープシステムで対応しています。
取り外しができるということは、床をつけてボリュームを出すことができるということです。重度の歯周病の場合、インプラントだけに頼らず、テレスコープシステムとの融合で床をつけて、インプラントに負担をかけずに対応することが望ましいかと思います。
しかし、シュトラックデンチャーは、インプラントに頼らずともその精度の高さで維持力をだすことが可能です。どの方法が最善かは、歯科医師とよく話し合って決めていただけたらと思います。

入れ歯にまつわる質問に戻る

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております お問い合わせ アクセス